忍者ブログ
「鼬狐狗堂」の活動紹介とちょっとした戯れ言を。 気紛れや故に不定期更新です。
[121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111
和装でうろつくとよく「着物を着ようと思ったきっかけは?」と聞かれる。
さらに「何で自分で縫おうと思ったの?」とも聞かれる。
その場では何となくな返答をするんですけどね…ややこしいから。

きっかけはアニメ「モノノ怪」だったりします。
ニコ動でモノノ怪のMADを観て、「このアニメすげぇ」って即ようつべでチェック。
相方にも勧めてみたら案の定はまってね、「和」っていいなと。
で、観てるうちに「着物格好良くね?」みたいな話になって「俺、敦盛(仮面の男ってキャラの事)みたいな袴着てぇ」と。
理由は単純。格好いいから。
でも袴(馬乗り)なんて仕立てないとなかなか手に入らない。
だが着物初心者でいきなりお仕立てとか冒険はできない。

…無ければ作ってしまえばいい。

いきなり馬乗り袴は無理なので(裁縫の知識は義務教育の家庭科程度)行灯袴からスタート。
和裁の本を買いに行ったら、でかい・分厚い・高い!
立ち読みしても内容がさっぱり。
あれだろ、袴ってプリーツスカートの変形版だろ?
そんな適当な考えでプリーツスカートの型紙だけ購入。
型紙をそれっぽく改造して縫ってみたらまさかの大成功。
その後馬乗りも何となく縫えたので、そこから和装スタート。

袴が縫えたんだから着物もいけるだろうと、基本は自分で縫います。
ただ、和裁も洋裁も知らないので「合わせ」の着物は縫えないんですよね。
どうやって縫うのかさっぱり解らん。
骨董市で安い合わせ着物を買って、縫い方を調べないといけないんですよ。
いつか縫えるようになりたい。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
イベント参加情報
12月1日(金)・2日(土)
「吉松庵冬展」
場所:小郡市美鈴の杜「吉松庵」
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
応援中
MITSUNARI 11 『タベモノ戦線異状ナシ』応援中! 『タベモノ戦線異状ナシ』応援中!
プロフィール
HN:
遊刻 政宗(ユウコク マサムネ)
趣味:
物作り・和装
自己紹介:
和小物を中心に物作りをしております。
多趣味故に話題も様々になるかと…。
ゆるりとお付き合いください。
最新コメント
[04/02 冬瓜]
[12/05 じろ]
[10/18 じろ]
[09/29 RIKA]
[09/28 RIKA]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]